ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞

アクセスカウンタ

zoom RSS アセンションの真っ只中の今 感情とパラレルワールド

<<   作成日時 : 2009/03/03 19:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

意識しているか、いないかに関わらず、アセンションは進んでいきます。
そんな今に生きる時、多くの人が感情の嵐を体験(表面化)する事で混乱しているかもしれませんが・・・

アセンションの今の時代、感情をマスターし統合していく事が必要になりますので、感情についてパラレルワールド(平行現実)とフォーカスしてシェアしてみました。

感情は多くの人にとって扱いに不得手な厄介者として永い間、軽視、疎外されてきたので、永い間訓練されてきた思考を扱う事に比べて多くの人が感情の扱いに未熟です。

感情を扱うプロセスの中で「あ〜。もう感情なんてうんざりだ!」「こんなもんなんで有るのよ〜」「感情こそ私の混乱の根源だ!」「この感情さえ無かったらうまくいくのに〜」などなど、七転八倒したり挫けそうになったりという経験は多かれ少なかれ誰でも通ってきているのではないでしょうか?

感情のワークに取り組んでいる皆様へのエールとして
どうぞ挫けないで下さい・・・そして感情を扱う事のマスターにどうぞなって下さい
それはあなたに多大な恩恵をもたらしてくれるでしょう

統合にとって感情がどのように大事な一側面をになっているかに気づかれれば、自分が重要なワークを地道に行っている事を誇りに思えると思います。

下記のパラレルワールドの例は

感情をテクノロジーで制御、削除すれば問題は解決出来ると信じた文明の例です。
証拠を示す事の出来ない事例ですが、感情の存在意義を気づかせてくれるのに良い例として取り上げてみました。

この紹介する文明(以後Zと記します)の例を読んで、「あっつ、この事は知っていると!」と過去の記憶の琴線に触れ、真実だと思い出される方もいらっしゃるでしょう。
またある人にとってはマユツバな話と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そのよう場合は寓話、またはシュミレーションとして観てみると役立っと思います。

 ですから、必ずこの事は「自分にとって真実だろうか?」と自分の内なる声に耳を傾け確かめ、自分にとって真実であると感じたものだけを自分の真実として下さい。

 これは、どのような情報と接する時でもスピリチュアルな成長を望む者の適切な態度です。

自分の真実でもないものは、鵜呑みにしないで、手放して下さい。
あるいは、保留にして下さい。(後にタイミングが合うと真実になる情報もよくあるので)
画像

   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
 Z文明(仮名)        注 ※下記は必要最小限の概要になっています。 ※画像のナスカ絵は本文との直接の関係を意図するものでは有りません。

 でもかつては感情を持った人々だったのですが、多くの不調和が地球と同じように人々や社会の間に存在しました。

 この文明の人々は不調和の原因は感情にあるという考えに至り、感情体の影響で出る肉体のホルモンをコントロールする事で感情の影響を排除するという処置を施しました。

 具体的には、進んだ遺伝子操作技術を持っているので肉体に人為的、遺伝子操作を組み込こむ方法をとりました。(この時点では彼らはこれで統合がうまくいくと信じてました)

 そして処置後、何世代かの時間が流れたある時点で、彼らの胎児の頭蓋骨が巨大化するという現象が現れ、彼らの女性が子供を生む事が出来ないという自体が起きました。(自然分娩する事が出来なくなった)

 彼らはセクシャリティーについてもポジティブには捉えなかったようです。
種の絶滅の危機的状況を打開する方法として彼らはクローン技術で種を維持していく事を選択しました。

 その結果彼らの多様性は世代と共に無くなっていき、一律の同じような存在の集合体になりました。(事に対しての反応が一律、男女差も殆どない)

 感情を削除した結果として社会は徐々に活力を失って脆弱化していきました。

 彼らは何世代もの成り行きから、「問題解決を感情を排除する事で出来る」という先祖達の選択は、適切な選択ではなかった事に気づき、再び感情の再生に活路を見出す道へ修正する事にしたのですが、長い年月が彼らの種だけでは感情というものを再生出来ないほど肉体を変化させてしまっていました。

 彼らは自力での再生が困難である為、外部の助けを求める他は有りませんでした。
その最も適した文明が地球であったので彼らは地球文明と交流する事を始め、後に(未来に)この交流から表れた文明の中の一つにエササニという文明が表れます。
(エササニのバシャールという存在は日本でもよく知られています)
   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

 人類も投薬で感情を抑制、コントロールしたり、クローン技術を扱うようになった事では文明と変わりません、マインドとテクノロジーに傾倒したZ文明の経験から学ぶ事は多いのではないでしょうか。

 マクロ(全体)でもミクロ(個人)でも統合のプロセスでの本質はかわりません

 宇宙(大いなる源)からの「何かを抑制したり、削除し拒絶する事ではなく、全てを受け入れ受容し、愛で変容していく事なんだよ」と、ささやきが聞こえてくるような気がしませんか・・・

感情は感じきればいいだけです
感じた時に感じたままに 
ただそれだけ
何かアクション(行動に表す)しなければならないという事はないのですから
他人にぶつける(怒鳴ったり、殴ったりなど、アクションする)必要は全く有りません

感情・おまけ

もしよろしければワンネス・ジェネレーションのサイト内のトピックのページなども御遊覧下さい。


スピリチュアルな情報の分かち合にワンネス・ジェネレーションもどうぞご活用下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アセンションの真っ只中の今 感情とパラレルワールド ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる