ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞

アクセスカウンタ

zoom RSS Dear スピリチュアルママさんへ エンパスな子供達へ

<<   作成日時 : 2009/05/12 20:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もし、あなたのお子さんが人ごみや学校などで、すぐ体の具合が悪くなったりするような事が多く病弱な子なんだと思いこんでいるなら、その子はエンパスなのかもしれません。

安心して下さい!エンパスは悪い事ではありません、むしろ優れた特殊能力と言えるでしょう。

エンパスと呼ばれる人々は簡単に言うと、感受性・共感力が一般の人達の認識力に比べ数段敏感な人々です。

ちょっと想像してみて下さい

自分の嗅覚が何十倍に上がって電車に乗ったとしたら・・・そこらじゅうの他人の匂いを嗅ぎとって平常でいられるでしょうか?

エンパスもこれに似ています、エンパスの場合はこれがエネルギーレベルでおきていると言う事です。

例えば歓楽街と緑の多い公園では感じ(エネルギーの違い)に気づけると思います。
多くの人でもエネルギーが大きく変われば認識できます。

多くの人の物差しのメモリが1cm単位で刻まれているとすると1cmになったとき初めてその物を認識出来るのですが、mm単位の微妙な変化はある事さえ認識出来ません、エンパスの場合はこのメモリがmmあるいは何百分の1mm単位のようなメモリが刻まれているようなものです。

エンパスと呼ばれる能力を持って生まれた、あるいは人生のある時点で開眼した人達は、他人の体の状態、不調、痛みや感情、考えを汲み取ったり(読み取ったり)する事の出来る能力を持っています。(肉体・感情体・精神体・エーテル体などのリーディングの能力)

特に他者の考え、思考を(テレパシーを)キャッチする人々はテレパスなどと呼ばれています。

この能力も本人が認識し扱えないうちは諸刃の剣となります

特に子供の場合は本人が認識し扱える事は稀にしかありません。

子供達はこの能力が高いがゆえに無意識で他人のネガティブなエネルギーを自分のエネルギーフィールドに拾って来てしまったり、共鳴を起こしたりしてしまい、他者と同じ状態になってしまったりします。(エネルギーのスポンジ状態)

エンパスの人々は自分と他者との境界線をしっかりと持つという事を今世の人生の魂の学びの一部に選んで来ている人々なのでしょう。

私自身エンパスですが、大人になって霊的覚醒をするまでは、かなり拾ってきました(笑)
例えば学校、電車やバス内、お店など、人との距離が近く密集している場所でよく突然腹痛を感じたり、吐き気を感じたり(子供のころは吐いてしまったり)、慢性の不眠症の人と仕事をした時には数ヶ月間、自分も不眠症になってしまったりとかいろいろです。

当時は自分は体が弱いんだと思っていました。

もしお子さまがナイーブで病弱な子でしたら

お子さんに教えて上げて下さい。
「光の卵で自分の体をすっぽり包むイメージをしてごらん」と
お子さんにお腹が痛くなった時にやってごらんと(どの状態にも有効)

これで状態がすぐ改善するならばこの子はエンパスの可能性が非常に高い子だと思います。

この子は境界線をうまくもてなくて他者の影響を受けていたのでしょう。

この子が他者と自分という事を混同せずに理解出来る年齢になるまではこのエネルギーワークはお薦めです。(このテクニックは大人も同じように効果があります。 光の繭、癒しのコクーンなどと呼ばれていますが、小さなお子さんには卵の方がイメージし易いと思います)

お子さんがある程度、自分と他者という事を理解したり考えられる年齢の場合はこのワークをするだけでなく、「自分とは、他人とは」という事に向き合ってごらんと薦めてあげて下さい。(このテクニックに依存しすぎて他者と壁を作ってしまうようになっては本末転倒になってしまいます。 このテクニックは本来の自分のエネルギーに戻りバランスの取れた状態から他者を無条件で愛しやすくする為にお薦めするものであって、他者との分離ではなく融合へのツールになるよう導いてあげてほしいのです)

そして本人の選択(意識)で境界線を持てるように育んであげて下さい

大人でも境界線を持てない人々が大勢います。
エネルギー的境界線を持つ事を学ぶ事は重要な魂の学びのテーマの1つです。

この能力をポジティブに使った例を少し紹介します。
他者のヒーリング・カウンセリングに(これは私自身も使っています)どの感覚でも有用ですし、霊的使い方だけでなく一般的な生かし方も有用です。

エネルギーを感覚として感じるエンパス⇒ダンサー・アーティスト
音として感じるエンパス⇒音楽家・作曲家
色として感じるエンパス⇒画家・イラストレーター
匂いとして感じるエンパス⇒ソムリエ などなどこの能力の可能性は無限にあります。

エンパスの子達は文字どうり、人の痛みが解かる(感じる)心が優しく、人を思いやる慈悲の資質の発達した、愛すべき存在たちです
どうぞこの子達の優れた能力を光へと導き育んでいってあげて下さい。
そしてその子達を育てる事を選ばれているスピリチュアルママさんの皆さんの奉仕のワークに敬意を贈ります。

子育ては偉大なスピリチュアルな道のひとつです

☆ ありがとう Dear スピリチュアルママさん ☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dear スピリチュアルママさんへ エンパスな子供達へ ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる