ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞

アクセスカウンタ

zoom RSS インナーチャイルド 癒され統合されるのを待つ迷い子

<<   作成日時 : 2009/09/03 17:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「幸せになる事が怖い」と聞いたら「なにバカな事を言ってるのだろう」と自分とは無関係の事と思うでしょうか・・・

 多くの人にとって、「幸せになりたい」というのは当たり前の事のはずですが、自分の内に自分の望む現実と矛盾する多種の想い(エネルギー)が存在する事に気づいた人は少ないかもしれません。

インナーチャイルドとは

インナーチャイルド(内なる子供)とは自身の自己の中に存在し、まだ統合されていないで分離している部分(エネルギー)、自己の断片(サブ・パーソナリティー)の事です。

 画像この未統合のエネルギーの性質の多くが、子供のような表現方法(未熟)を現すので「内なる子供」とよく呼ばれていますが、子供のような柔軟な創造力という優れた性質も持ち合わせているので、統合されるとあなたの強力な味方(パワー)になってくれます。

 このエネルギーは多くの場合、あなたの危機的状況の回避や子供の頃の防衛的反応として(今世だけとは限らず、過去世を含めての時の中で)、うまれたサブ・パーソナリティーで人生の多くの部分で影響を与えてしまいますから(ほとんどの場合、好ましくない影響)愛と光で癒し統合される事が望まれるエネルギーと言えます。


静かな時間を持って下さい(自分にこの子との時間を与える)

 静かに、自身のインナーチャイルドと向き合い、対話する時間を持つ事をお薦めします。
 ≪以下自身の対話の実例ですが参考になればとシェアしてみました 
「幸せになる事を阻んでいるエネルギー」の一例≫


◎ 心を静め、リラックスして心の中でインナーチャイルドに呼びかけます。
 「幸せになる事を恐れているインナーチャイルド」話を聞かせて欲しい、「どうしたの?」と

◎ ゆったりと忍耐強く待ってあげて下さい。(内なる子が安全だと愛を感じれば、やがて現れてくれるでしょう)

◎ 現れたら(エネルギーを感じたら)
 顔、服装、年恰好、性別などなど、この子はどんな雰囲気でいますか? 「悲しそうですか?」、「怒っていますか?」どのように見える(感じる)か観察してみて下さい。

◎ この子はうつむき、中世の時代のようなスカート(下の方が大きく広がった形)をはいた、年齢は20代前半の女性でした。(たぶん過去世から持ち越したのでしょう)
「幸せをなぜ恐れているの?、何があったか教えてくれる?」と聞きました。

◎ 彼女はためらいながらも、少しづつ話始めてくれました。
 彼女は結婚していて、夫から頻繁に暴力を受ける事、そして自分が幸せそうにしている時、夫が暴力をふるうと感じ、「幸せでいると危険だと強く思っている」事を。

 ≪彼女(内なる子)にとって「幸せ」は「生命の危険」を意味し、「幸せになる」事を極力避ける事で自身を守ろうとして来たのでしょう、この事は今世の自分に大きく影響していました。 自分が幸福にならないように守ってくれていたのですから≫

◎ 彼女に「夫はあなたが幸せそうでない時には暴力をふるわないの?」と聞いてみました。

◎ 彼女は少し考えてから、「いいえ」と答えました。
 「じゃあ、夫の暴力と幸せは関係ないと思いませんか?」と聞いてみました。

◎ 彼女が自分の思い込みが、勘違いであった事に気づいた事が解かりました。(エネルギーが変わり、彼女の表情も明るくなった事で解かります)

◎ 「もう幸せになっても安全なんだという事が解かりましたね」そして「もうこのやり方(幸せを避ける)で自身を守る必要性はありませんね」と聞いてみました。

◎ 彼女はほっとしたように観えました。
  彼女に「もう安全な時が来たんだよ、大丈夫、これからは私の幸せを拡大する事で私を守りサポートして欲しい」と頼むと喜んで手伝う事を同意してくれました。

◎ そして、「今まで私を守ってくれて有難う、どうぞ私と一つに戻って下さい、お帰り」と、抱き合い統合しました。(統合が出来るとエネルギーが軽くなるのでご自身で解かると思います)

****************************************

≪このケースでは内なる子は20歳代でしたが、多くの内なる子はもっと年少の子(3〜10歳位)が多いようです。
 今のあなたにとっては全く役立たない方法で、内なる子はあなたを守ろうとしているかもしれませんが、内なる子は必死で知りうる限りのベストを尽くして来たのです、ですから、その事に感謝を伝え、内なる子がやろうとしている事のより良い新しいやり方を伝えてあげて下さい≫


**************************************

人間の集合意識の中にも

戦時中、空襲を受け家を全焼した人の中には「自分の家もやられてほっとした」と感じた人が意外にも多かったようです。

「自分の家が燃えなくてほっとした」と思うのなら理解出来ますが、なぜ?と思うでしょうが。

 もし、自分の家だけが無事だったら、周りの人々から無言の嫉妬や非難を受けるのではないかという無意識の恐れや罪悪感から「自分が幸せでない方がよい」という心理に働いたのでしょう。

これもある意味「自分が幸せである事を恐れる」という矛盾の一例といえるでしょう。
多くの人の無意識に、矛盾した観念や信念というエネルギーが手付かずで在ります。

 もしご自身の人生の中で、自らが望む事を制限しようとするパターンに気づかれたなら、理由を外に探すのではなく、自分の内に探してみる事をお薦めします

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 全ての答えはあなたの中に在ります
そしてそれはいつでも、ご自身が自由に変えられます!
もう望む人生を生きる時です!

☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

スピリチュアルな情報をワンネス・ジェネレーションの方でも扱っていますので、
もしよろしければ御遊覧下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インナーチャイルド 癒され統合されるのを待つ迷い子 ハーモニーヴォイス・ユウ ∞ソウルビジョン∞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる